アストロ経済教室

TOPアストロロジーと経済予想星の配置が経済に及ぼす影響アストロロジーの原理 占いではない



アストロロジーの原理 

・ アストロロジーの原理は、星の運行と配置から、地上の人間や組織があるイデア(ユングの言うところの元型。直観で把握する)を受け取り、それによって地上の事物が影響を受けることです。そのプロセスは、星の配置がまず人々の心に影響を及ぼし、それが人々の行動となって現れることで、現実が変化していくと考えられます。

・ ここで星の配置が人の心に影響すると書きましたが、この配置はある形を表しており、その形が影響力の源泉になると考えられます。ホロスコープを読む上で一番重要なのはアスペクトだと言われていますが、アスペクトというのは、星と星との角度を表し、この角度が変化することで星同士の作り出す形が変わってくるのです。アストロロジーとは、星の相対的な位置関係が作る、幾何学的な「形」の意味と影響力に関する学問だと考えられます。

・ 『孫子』の勢編に「勝者の民を戦わすや、積水を千仞の谿(せんじんのたに)に決するが如きは、形なり」という言葉があります。これは兵にダムの貯水を切って落とすような激流の勢いを与えることで、戦いに勝つことを意味します。ここで孫子が言っているのは「兵の勢いを生み出すのは形だ」ということです。

・ 外側の状態を作ると、内的な質が変化します。“形勢逆転”という言葉がありますが、形とは外側の状態を指し、勢いとはその内的動的な性質を表わします。形が変われば勢いが変わり、それによって動きが生まれます。石は平地に置いてあれば静かで動きませんが、急な坂に置けば、勢いが生じて動き出します。石を急斜面に置くことは、形を変えることになり、それによって石に勢いが生じます。形が力を与えます。

・ 具体的な形としては、例えば、三角形は物事に調和を与え、安定感を生み出します。これに対し、四角形は物事を固定化し、定着化させます。形の基本は数種類で単純ですが、7つの音階から無限の音楽が生み出されるように、組み合わせによって、無限の種類が生まれてきます。

・ 宇宙の星が形を作ることで、その形が地上に影響を及ぼす、つまり星の形が地上に勢いを与えるのです。星の形を読み解けば、それが地上にどう影響し、それによって地上がどう変化していくかを読み解くことができる、これが、アストロロジーの基本的な仕組みです。